法人のゴルフ会員権の魅力

ゴルフ会員権を購入すると様々なメリットがありますが、ゴルフ場をよく利用する法人様にとっても多くの魅力があります。ゴルフ場を優先的に利用できる魅力だけでなく、資産運用としての魅力もあります。そこで、こちらでは法人のゴルフ会員権の魅力についてご紹介いたします。

ゴルフ会員権も一つの資産

会員権を購入する場合、様々な審査を通過することで入手できます。接待などでゴルフ場を多く利用する法人様であれば、充実した時間を過ごして欲しいからこそ会員権を所有していた方がおすすめです。もちろん会員権は決して安いものではありません。しかし、法人会員として入会すれば、会員権の購入代金を会社の資産として計上することができるのです。もちろん名義変更などの費用も会社の資産として計上することができます。

費用としても会計処理可能

会員権には通常年会費(一部無料のクラブもあります)が発生します。また、社内で記名者を変更する際にも名義書換料がかかりますが、資産計上されている会員権であれば年会費・名義書換料ともに費用として会計処理ができます。
また、ロッカー使用料等の経費や、顧客とのゴルフプレイ代も費用として損金計上できます。

売却をした場合

資産計上ができますが減価償却が認められていないため、計上された金額は変わることはありません。場合によっては所有している会員権を売却することもあるでしょう。万一、資産計上金額より安い金額で売却した場合は、損金として計上できます。

福岡市や北九州などの九州地方にお住まいの方で、九州各地域にあるゴルフクラブのゴルフ会員権購入や売却のことならぜひ西日本ゴルフサービスにご相談ください。福岡県や大分県、熊本県や鹿児島県、沖縄県にあるゴルフクラブのゴルフ会員権相場情報も紹介しております。売却した際の計算方法についても紹介しておりますので、売却時どれくらいの価値があるのか気になっている方は参考にしてみてください。